FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

残高スライドリボルビング方式

毎月の返済額又は最低支払額が借入残高によって変動していくリボルビング方式。残高スライド元利定率リボルビング方式、残高スライド元金定額リボルビング方式、残高スライド元利定額リボルビング方式等があるがキャッシングで最も多いのは、残高スライド元利定額リボルビング方式。
スポンサーサイト

| キャッシングの返済方法 | |

元金定額リボルビング方式

リボルビング方式により、元金を毎月一定額支払い、利息は別に計算して支払う方法。
元金支払いは一定であるが、利息はどうしても最初が高くなる。
段々と元金残高が減り利息が減っていく。

| キャッシングの返済方法 | |

元利定額リボルビング払い

支払う額は一定であり、その中で元金と利息を払っていく方法。
支払額は月々同じだが、元金と利息の割合が変わっていく。
支払いの最初は返済額における利息の割合が大きいが、返済していくに従って元金の割合が大きくなる。

| キャッシングの返済方法 | |

リボルビング方式

キャッシングで最も多く使われる方法がリボルビング方式です。
リボルビング方式とはリボ払いとも言われ、利用した件数・金額に関わらず、毎月一定の支払額を設定し、返済していく方法です。
続けて利用しても分割払いのように返済額が膨らむ心配がないメリットがありますが、その分知らない間に残高が増えて、なかなか返済が終わらないということにもなりかねないので注意が必要です。
特に、最初にキャッシングした金額を返済しないうちに新たにお金を借りる時には注意が必要です。

リボルビング方式にはいろいろ種類があります。
1.元利定額リボルビング方式

2.元金定額リボルビング方式

3.残高スライドリボルビング方式

3-1残高スライド元利定率リボルビング方式

3-2残高スライド元金定額リボルビング方式

3-3残高スライド元利定額リボルビング方式


キャッシングの返済方式で最も多いのは、3-3残高スライド元利定額リボルビング方式です。

| キャッシングの返済方法 | |

キャッシングの返済方法を知る

返済方法には主に

・元金均等方式(がんきんきんとうほうしき)
・元利均等方式(がんりきんとうほうしき)
・リボルビング方式

の3種類があります。
消費者金融等の短期キャッシングではほとんどリボルビング方式が採用されていると思いますが、リボルビング方式でもいろんな種類があり細分化されています。
このサイトではまず返済計画を考えてキャッシングをと言っていますのでこれらの方式を解説していきます。



元金均等方式(がんきんきんとうほうしき)
借入金を返済回数で均等に割り、利息はそれぞれの返済日の残高に対して計算し、返済していく方法。(借入元金+返済月の残高に掛かる利息)ということになる。返済していくと借入元金が減るため、利息も減る。それに伴い、毎月の返済額も減っていく仕組み。ただし最初の方の返済額が多い。


元利均等方式(がんりきんとうほうしき)
毎月の支払額を決定し、元金充当分と利息額の比率を変えて支払っていく方法。
毎月の返済額が決まっているため、返済計画を立てやすいが、最初の方はどうしても利息の比率が多くなってしまい。借入元金が減らない。若干、利息額が増えてしまう。


リボルビング方式はコチラへどうぞ

| キャッシングの返済方法 | |

紹介屋や整理屋に騙されない。

「金利5%で即日融資!」とか「融資率100%」という文句ににふらふらっとお金を借りる方がいます。
聞いた事が無いキャッシング会社で住所、氏名などの個人情報を教えてしまい、結局そこでは借りられず、「違う金融会社を紹介するから」と言われ、運良く借りれても、紹介料20%とか取られる。
ブラックや多重債務者だけが紹介屋に騙されるのではありません。
とにかく、上手い話は無いといつも心がけてください。
もし、紹介屋に一度でも係わりあうとろくな事になりません。

※どんな優良な顧客に対しても15%くらいの利息を取らないと消費者金融は成り立ちません。あまり安すぎる利息を宣伝するのは怪しいと思いましょう。

キャッシング会社を決める前に見るにも書いたように、必ず貸金業登録番号を確認しましょう。(1)とかの業者または明示していない会社からお金を借りるのは自殺行為です。

※とにかく怪しいと思ったらすぐ帰りましょう。なるべくなら個人情報を教える前に決心するべきです。

| キャッシング後の注意点~借金地獄に陥らないために | |

本人確認について

キャッシング会社は担保や保証人を取らないのが普通ですが、本人確認と勤務先確認はします。
運転免許証などの身分証明書を用意しましょう。

勤務先確認ですが、キャッシング会社名では電話は掛かって来ません。
誰しも借金している事を人に知られたくないと思うわけですから。
勤務先には個人名で在籍確認をしてきますので、勤務先に知られる事はありません。
ただし、嘘の勤務先などを書いてしまうと、後々面倒な事になりますので、正確に書くのを忘れないようにしてください。(特に電話番号を間違えるとやっかいです。)

| キャッシングの前の注意点~あせらず、じっくりと | |

キャッシングの目的

キャッシングはおしなべて金利は高いです。
法定金利だったとしても~29.2%の年利が付きます。
例えば、借りたお金を競馬につぎ込むとすると、29.2%の金利を取られて(年利なので実際にはそれより少ないですが)25%のテラ銭を取られて、それで勝つなんて事は奇跡に近いような事です。
キャッシングしてギャンブルするよな真似は絶対にやめたほうが良いです。

■キャッシングの目的別上手な使い方

・給料日前に生活費が少なくなったから給料日に返せるような額を借りる
・合コンやデートなどが急に入ったのでお金が足りないが、給料日に返せる額で借りる。
・旅行を安い時期に行きたいので、(ゴールデンウイークなどだと倍近く掛かることがある)キャッシングして、ボーナスで払う。

等、目的と返済計画をしっかり決めましょう。また上記の旅行等は実際キャッシングしてもお得なお金の使い方と言えるでしょう。

キャッシングの上手な使い方は目的を決める事と返済計画を決める事です。

| キャッシング初歩の初歩~初めての方はコチラから | |

ヤミ金融にご注意を

ヤミ金は今でこそ、マスコミがこぞって報道したため、少なくなっています。昔は中小企業の会社に融資の案内の電話がバンバン掛かってた時代もありましたが、さすがにほとんど掛かってこなくなりました。
でも、まったく無くなったわけではないので、とにかくお金を借りる時は注意しましょう。
キャッシング会社を決める前に見るの記事にも書きましたが、貸金業登録番号を確認するのがまず第一歩です。
上手い話に乗せられ、酷い契約を結ぶ前に、いろんな事を知りましょう。
情報を知る事が最も確かな防衛手段になります。

| キャッシングの前の注意点~あせらず、じっくりと | |

キャッシング会社を決める前に見る

あなたはキャッシングをする前にその会社のどこを見ますか?
安田美沙子や小野真弓やワカパイを見て、どっちが良いか決めてもダメです。

まずは「貸金業登録番号」を見ましょう。

■貸金業登録番号とは?
これが示されていないとモグリです。
貸金業を営業する業者は、財務大臣、または都道府県知事への登録が必要です。
例えば「アコム」なら  登録番号:関東財務局長(8)第00022号
   「アイフル」なら 登録番号:近畿財務局長(8)第00218号
と表示されています。

この( )の中の数字が大事です。
貸し金業の登録の申請が認められると登録番号が通知されます。カッコ内の数字は登録初年度に(1)から始まり3年毎の更新ごとに数字が1つづつ増えます。(1)だと登録してから3年以内の業績があるという証明であり、(3)だと6年から9年の実績があると言う事になります。
カッコ内の数字が多ければ、それだけ営業年数が長いということになるので、簡単にわかる会社の信頼度のバロメーターだと言えます。
これだけで全てを決めるわけには行かないと思いますが、少なくとも利率や条件がいいからと言って、(1)の業者から借りるようなマネは避けられるのではないでしょうか。
まずどこの会社からキャッシングするか決める時には、貸金業登録番号を見ましょう。

| キャッシングの前の注意点~あせらず、じっくりと | |

キャッシングの肝

どうしてもキャッシングというのは「大丈夫だろうか~?」とか「怖い兄さんが出てきたりしたら・・・」とか考えちゃうと思います。
キャッシングの上手なやり方は、まず大手の安心出来る金融会社を探す事、そしてキチンとした返済計画を立て、出来るだけ短期で返済する事です。今では15日とか30日までなら金利なしとかのサービスを行なってる大手金融機関がありますのでじっくり腰をすえて考えてみてください。
使い方によってはとってもお得な方法も出来ますので、ちょっとしたお金が足りない時、上手に利用して、あなたの暮らしに役立ててください。

| キャッシング初歩の初歩~初めての方はコチラから | |

オンラインキャッシングって何?

通常、キャッシングは金融会社の店頭で行わますが、窓口で申し込むのはちょっと・・・と言う方もいらっしゃると思います。オンラインキャッシングというのはキャッシング(融資)の申し込み、審査、契約に関わる手続きを、インターネットを通じて来店不要で行うサービスの事を指します。を総称してオンラインキャッシングと呼びます。基本的には接続環境にあるパソコンがあれば、全国どこからでも申し込み可能で、契約者の信用情報に応じて借りる事が出来ます。その際は、口座振込になる事が多いです。

~オンラインキャッシングの進め方~

まずは最初に 各金融会社のホームページなどで申し込み条件や限度額、利率、返済方法、利用規約などをご確認ください(なるべく信用のある有利な所を探してみてください)
          ↓  ↓  ↓  ↓

各金融会社のホームページには申し込みフォームがありますので、必要事項を入力して送信してください。(あせって間違うと、後々大変なのでじっくりいきましょう)
          ↓  ↓  ↓  ↓

本人確認や審査結果、限度額、その他の手続きの仕方が、Eメールなどで連絡されます。(届かない場合は、メールアドレスが間違ってるなどの懸案が考えられますので、電話などで確認するのが良いです)
          ↓  ↓  ↓  ↓

お金が銀行口座に振り込まれますね。(契約金額と相違ないか確かめましょう)
          ↓  ↓  ↓  ↓ 

後日カードが郵送されてきますので、それでご返済されると便利です。  


| キャッシング初歩の初歩~初めての方はコチラから | |

キャッシングって何?

キャッシングと言うのは、金融機関より目的に関係なく現金を借りることです。基本的には保証人や担保といったものも必要ありません。長い間借りるのではなく、例えば給料日前に一時的に借りて給料日に返すといったようなお手軽な借り方が出来るので人気があります。
  キャッシングが出来る金融機関には、クレジット会社、銀行や信販会社、消費者金融などがあり、業者によって利率、最高借入額等の違いがあります。

 キャッシングする場合は、現在では金融業者の発行するカードを作って現金を引き出すというのが主流です。カードには、独立したキャッシング専用のカードもあれば、銀行のキャッシュカードと一体のものや、ショッピングなどに利用できるクレジットカードと一体のものなど、様々な形があります。

| キャッシング初歩の初歩~初めての方はコチラから | |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。